JYOKAN ESTATE

About情感不動産とは

住まう人を想う。imagination…イメージする。情感不動産は、住む人のライフシーンを、「住み心地のよさ」をイメージすることから始めます。住まう人を想う。imagination…イメージする。情感不動産は、住む人のライフシーンを、「住み心地のよさ」をイメージすることから始めます。

入居者が契約を更新し続ける物件とは。
投資用不動産では「住み心地」が成否を決める。
引っ越しせずに借り続けてくれる物件は、確実にキャッシュフローを生み続けてくれます。
窓の位置を変えて、屋外の緑や公園が視線に入る工夫をするなど、広く感じる空間作りで、ゆとりを演出したり。
独身の方にパートナーができても2人で暮らせるように床面積を20㎡以上にして、
ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できる間取りにしたり。
私たちは、住む人の「住み心地のよさ」からすべてをスタートします。

空間の質が、時間の質になる。住む人の満足度が、物件の価値を決める。空間の質が、時間の質になる。住む人の満足度が、物件の価値を決める。

室の室を問う。

2008年をピークにして、日本の潮流は大きく変わり、
人口減社会を迎えました。
様々な市場で需要と供給のバランスが壊れ、過去の常識は容赦なく淘汰されています。
入居者の「住み心地のよさ」は後回しで、量産されてきた投資用不動産。
その結果、空室率という難題で悩むようになった投資家。
その対策こそ、投資用不動産の大命題です。
空間の質を変えることで、時間の質も高まり、入居者にもつながる。
入居率が高まれば、投資用不動産の価値も高まる。
私たちは「住み心地のよさ」で空室率を解決します。

image

「アトリエ建築家」という強力な存在。 「予算・敷地など難易度の高い条件」と「住み心地のよさ」を両立させた最適解を出す。アトリエ建築家は投資用不動産に新たな価値を吹き込みます。「アトリエ建築家」という強力な存在。 「予算・敷地など難易度の高い条件」と「住み心地のよさ」を両立させた最適解を出す。アトリエ建築家は投資用不動産に新たな価値を吹き込みます。

アトリエ建築家は「美と機能を統合する本質的なデザイン」に関する専門家です。 暮らしに沿って省ける部分は省き、プランを合理的にスリム化することで、
無駄なコストを削減し様々な側面で高いコストパフォーマンスを実現します。
外観・内装など目に見える部分はもちろん、予算・耐久性などの目に見えない要素まで。
アトリエ建築家の魅力は、決して外観や内装のデザイン性だけではありません。

【アトリエ建築家の価値】

建築のデザイン性

アトリエ建築家は家づくりに対する美意識を備えていますから、とうぜん美しい佇まいに仕上がります。そこに暮らしがあり、住む人の心を満たし育むことで、日々の所作が上質になり人生がより豊かになる。

難易度のある建築条件でも最適解を導く

変形敷地でも、狭い土地でも、高低差のある坂の土地でも、あまりよくないとされる条件を、その設計力で解決します。その土地の個性を尊重して、特性を生かすのが、アトリエ建築家の腕の見せ所。柔軟な発想力で、悪条件を逆にプラスに変えるバランスの取れたプランを構想できます。

アトリエ建築家は
設計・監理のプロフェッショナル

限りある予算やスケジュールで解決策を見出すノウハウを持っています。つまりコンセプトの発案から、構造、内装材、部屋のディテールまで、工事全体の工程を俯瞰しながらコントロールできるのです。

様々な属性をふまえたプランニング

性別、年齢・趣味嗜好など住む人の暮らしを考え、設計します。
生活導線などの「住みやすさ」に関しても、多様な視点から検証して完成度を追求。設計や細部の工夫により、実際のスペック以上に広く感じさせる視覚的な演出もアトリエ建築家ならではの強みです。

建築家名越吉彦NAGOSHI YOSHIHIKO

建築士である母親の影響を受け、福山大学にて建築を学ぶ。 建築の見識を深めるため、同大学大学院へと進学。 卒業後、建築設計デザイン事務所に所属。 ローコスト住宅から1億円を超える住宅、店舗、医療建築などを担当。 2010年より福岡オフィスの責任者を拝命。 九州エリアのプロジェクトを進展させる。 2014年より、ナチュラルハウスに入社。 現在、設計責任者として従事。

image

新しいスタンダードが始まる。

情感不動産の次なるステージへ。 どんな未来がこようとも、わが家に帰ってホッとしたり、ボーッとしたり。
そんなライフシーンは普遍です。
日々の雑感や哀歓。
情感といわれる部分を喪失したら、もはやヒトではありません。
住む人を想い、オーナーを惟い、不動産投資の先を意う。
不動産コンサルタントとして、人の心=情感を大切にします。
住む人の思いを想う。
「情感」こそ、私たち情感不動産の生命線です。