JYOKAN ESTATE

About情感不動産とは

住む人を想う。イメージする。住む人のライフシーンを、住み心地をイメージする。住む人を想う。イメージする。住む人のライフシーンを、住み心地をイメージする。

投資用不動産について考える時、
あなたが重視することはどんなことでしょうか。
首都圏好立地、駅徒歩10分圏内、1部屋20平以上。
もちろん、これらはとても大切なことです。
ですが、もっと大切なことが抜け落ちていないでしょうか。
投資用不動産、そこには必ず『住む人』がいます。
『住む人=入居者』がいて、初めて成り立つものです。
30年経っても、40年経っても、住む方が満足し、
住み続けるような住まい。
単に収益性ばかり考え、土地いっぱいいっぱいに図面を引き、
住みづらい住まいになってしまっては成り立ちません。
従来の投資用不動産は『住まない』ことを前提として
開発されてきたことで、
『住み心地』は後回しになってきた結果、
空室というリスクに悩まされて来ました。
入ってくる光の加減、音の伝わり方などの機能面から、
志を胸にふるさとの家族の元を離れてきた想いなどの情感面。
そんな情感も考えた投資用不動産を創くることが、
オーナー様、住む方、それぞれがご満足いただけると
考えております。
投資用不動産も『住まい』の本来のあるべき姿へ。
私たちは、革命をもたらします。