JYOKAN ESTATE

住む人の思いを想う住む人の思いを想う

住む人を想う。イメージする。住む人のライフシーンを、住み心地をイメージする。住む人を想う。イメージする。住む人のライフシーンを、住み心地をイメージする。

オーナーを惟う。インサイト。オーナーの不安や要望を洞察する。オーナーを惟う。インサイト。オーナーの不安や要望を洞察する。

『新築一棟木造アパート経営』は、これまでの不動産投資ノウハウの組み合わせで出来た商品でも、他の新築一棟アパート投資商品でもはありません。土地の仕入力とコストに強みのある不動産売買、建物の設計・デザインに強いのある建築家、建物の機能とコストに強みのある工務店、そして不動産投資のファイナンス含む全体設計に強みのある不動産コンサル、この4者が分断されていたことで結果投資家にリスクを背負わせていた今までのモデルから、4者を一社にまとめ、一気通貫で商品・サービスをご提供するモデルを作り上げました。

オーナーを惟う。インサイト。オーナーの不安や要望を洞察する。オーナーを惟う。インサイト。オーナーの不安や要望を洞察する。

投資家の皆様へ 投資家の皆様へ

  • 2018/08/21

    東洋経済オンラインなど複数のメディアに弊社イベント「株式投資とアパート経営 大討論会」が掲載されました。

  • 2018/08/29

    弊社ホームページをリリースいたしました。

  • 2018/08/30

    杉村太蔵氏をゲストに「株式投資とアパート経営 大討論会」を開催いたします。

  • 2018/09/08

    Spaces大手町ビルにて「アトリエ建築家と創る 不動産投資セミナー」を開催いたします。

  • 2018/09/15

    Spaces大手町ビルにて「アトリエ建築家と創る 不動産投資セミナー」を開催いたします。

オーナーを惟う。インサイト。オーナーの不安や要望を洞察する。オーナーを惟う。インサイト。オーナーの不安や要望を洞察する。

21世紀は、20世紀の延長線上にはありません。
20世紀は、人口の自然増=需要増をあてこんだ粗製濫造の賃貸アパートでも借り手がつきました。しかし、そのような物件は訴訟を抱え社会問題化するケースも増えています。さらに昨今は、どこの金融機関も融資が厳しくなっています。
情感不動産は、本来の不動産投資のありかたを見据えて商品やサービスを提供。代表的な商品「新築一棟アパート経営」は、住む人の喜びとオーナーの喜びを高い次元で両立したものです。住む人、オーナー、情感不動産。21世紀のキーワードであるサステイナブルな(持続可能性のある)WIN-WIN-WINの関係が理想です。